2014年12月9日火曜日

大雨が降ってサーモンが戻ってきた!

雨不足でマリン カウンティにあるクリークや7カ所の貯水池が渇水状態になり、かなりやばい状態でした。

が、このところの大雨のおかげで、あっちこっち道路が冠水したりして。大変でした。
本当に極端な気候です。

でも、その大雨のおかげで、底が見えていた貯水池に雨水がたまり、クリークの途絶えていた水の流れがもどりホッと一安心。

今週半ばからまた大嵐だとのことで、今度は洪水が心配です。

この渇水で、コーホーサーモン(Coho Salmon)
が遡上できないんじゃないかと心配されていました。

それで、コーホーサーモンが絶滅寸前とまで言われていて問題になっていたのですが、この大雨のおかげで、ウエストマリンのクリークにコーホーサーモンが戻ってきました。

10月下旬からがサーモンが遡上し始めるとのことなのですが、シーズンは12月〜2月。
ハイシーズンは1月だそうです。

マリン カウンティでサーモンの遡上&産卵が目撃できるところは以下の通りWeb
Lagunitas Creek(ラグニタス クリーク):ウエスト マリンに流れています。

  • Leo T. Cronin Fish Viewing Area (Web) 
  • Samuel P. Taylor State Park (Web)
  • Devil's Gulch (Web)


Redwood Creekミルバレー国立公園 ミュアウッズ(Muir Woods)内。このクリークはミュアビーチ(Muir Beach)にかけて流れていますこちら

それで、コーホーサーモンが戻ってきたらしいよと聞きつけ家族総出でLeo T. Cronin Fish Viewing Areaへ見に行ってきました。


結論から言うと、サーモンの死骸が一匹 川^_^;儿、上流に登ってジャンプしている小さいトラウト(マス)2〜3匹目撃しただけ....。残念。

昨日はいっぱいいたけど、今日は水かさが低いからいないかもね....とのことでした。
今週半ばからまた大雨らしいので、止んだら速攻で見に行ってみようかと思います。


Leo T. Cronin Fish Viewing Area(写真をクリックすると拡大します)


道を渡って反対側にも見るところがあります。ここでトラウトがジャンプしているのをみることができました。

ラグニタスの隣町のサンジェロニモにある、サンジェロニモ ゴルフコースの横にも、ビューポイントがあります。

【関連記事】
やっと雨が降って、川にサーモンが戻ってきた
鮭の保護団体
ウッドエイカー、サンジェロニモ、ラグニタス

マウントタムです
かなり励みになってます
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

0 件のコメント:

コメントを投稿