2014年10月17日金曜日

マウンテンバイク発祥の地 その4〜マウンテンバイク博物館

 
この秋、フェアファクス(Fairfax)にマウンテンバイク博物館がオープンします。
Marin Museum of Bicycling (Web) (FB)
1966 Sir Francis Drake Blvd., Suite A, Fairfax, CA 94930
(415) 450-8000
メンバーシップ申込→こちら



この建物は2012年2月まではヴィーガン&ベジタリアン&オーガニックの人達の聖地 Good Earth Market でした。

旧グッドアースの建物
そのマーケットが現在の場所に移転して、空き家になっていたのですが、マウンテンバイ博物館ができると聞いて待つこと約2年。やっと2014年11月にオープンするらしい。
もともとはコロラド州Crested Butteに1988年に設立された Mountain Bike Hall of Fame という博物館が、マウンテンバイク発祥の地フェアファクス(Fairfax)に移転となりました。(Wiki




Marin Museum of Bicycling (MMB) は、ノンプロフィット(非営利団体)です。
マウンテンバイク発祥地にできた博物館ですが、マウンテンバイクのみに留まらず、自転車の歴史博物館として自転車の歴史や文化を展示品やさまざまなプログラムを通して広く一般に紹介する目的で設立されました。

アメリカの自転車にフォーカスして、昔々のものから現在のハイテクなものまで、さまざまな自転車が展示される予定です。

また、講演会、講習会、映画上映、イベントの開催や参加、自転車のクラブやチームへの場所の提供なども行う予定だそうです。




さて、このミュージアムはノンプロフィットなわけですから、みなさんから広く寄付を募っています。

寄付は→こちら
コーポレート スポンサーシップは→こちら



そして、
Leave your cycling legacy
 on our Mt.Tamalpais legacy wall

駐車場前にリパックロードのあるタマルパイアス山の形をしたレガシー ウォールがあります。そこに名前入りタイルを貼ってもらえる寄付の募集中。
10月14日現在で壁のスペースの45%が既に埋まったそうです。
レガシーウォールの申込はこちら

数に限りがあるのでお早めに!
★12×12($1000)1行18文字で10行+2年分のメンバーシップ +プロライド招待
★8×8($500)1行18文字で6行+1年分のメンバーシップ +プロライド招待
★8×4($250)1行18文字で3行
12×12 8×8のタイルには$75追加でカスタムロゴを入れられます。
※1インチ=2.54cm



グランドオープンの日程がまだ発表になっていません。今か今かと出来具合を時々覗きに行っているんですけどね....。
先日行ったバイクトーバーフェストでスタッフに聞いてみたところ、1ヶ月以内にはオープンしますって言ってました。
1976年10月21日は第一回目のリパックレースが行われた日です。この日のオープンは無理そうだな....。

リパックレースを始め、後にゲイリー・フィッシャーと一緒にMountain Bikes社を立ち上げた、チャーリー・ケリーの本(264ページ)があります。
 "Fat Tire Flyer: Repack and the Birth of Mountain Biking"

先日、Marin Museum of Bicycling がもうすぐオープンするということで、チャリー・ケリーが館内でインタビューに応じている記事が地元紙に掲載されました。
その時、この本を手にお持ちでした。



【関連記事】
マウンテンバイク発祥の地 その1〜Fairfax
マウンテンバイク発祥の地 その2〜Repack Road
マウンテンバイク発祥の地 その3〜San Anselmo


ビールとバイクが好きな人! バイクトーバーフェスト
行ってきました〜バイクトーバーフェストー

マウントタムです
かなり励みになってます(笑)
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

0 件のコメント:

コメントを投稿