2012年9月23日日曜日

さよなら スペースシャトル エンデバー

スペース シャトル エンデバー(Space Shuttle Endeavour)が10年間の役割を終え引退することになりました。エンデバー号の終の住処となったのはロサンゼルスにあるカリフォルニア科学博物館です。

それでエドワード空軍基地を飛び立ち、ロサンゼルス国際空港へ輸送する途中、州都サクラメント→バークレー&オークランド→ゴールデン ゲート ブリッジ→マウンテン ビューにある NASAエイムズ研究センター(NASA Ames Research Center) の上空をボーイング747の背中に乗っかってさよなら飛行をしてくれました。

このベイエリアでの飛行は朝9時〜10時ごろまでの1時間ほどだったんですが、まだ暗いうちから、この 一生に一回見れたらラッキーな光景を一目見ようとたくさんの人が集まっていたそうです。数万人の人が集まったらしいです。

ゴールデン ゲート ブリッジ周辺の上空は2回旋回してくれたようです。サウサリートにあるディスカバリー ミュージアム、サンフランシスコのマリーナにあるエクスプロラトリウム科学博物館、バークレーのローレンス ホール科学博物館、オークランドのシャボウ宇宙科学センターの上空を飛んだようですよ。

さて、このエンデバー号は約10年間で148人の宇宙飛行士を乗せ296日間宇宙に滞在して25回のミッションを行ったそうです。飛行距離は122million milesいうことで196,339,968キロ?
NASA Ames Research Center
KQED
abc7

YouTubeにアップされていました。
9月21日(金)の朝だったんで、前日からニュースで、通勤途中でハイウエィを運転している人は危険なので上空を見ながら運転したり、スピードを落としたりしないようにと注意を呼びかけておりました。

スペースシャトルは他にもありましたね。全部でいくつあったか覚えてますか?
コロンビア号(Columbia)、チャレンジャー号(Challenger)、ディスカバリー号(Discovery)、アトランティス号(Atlantis)、エンデバー号(Endeavour)
そう5機です。
ディスカバリー号はスミソニアン国立宇宙博物館(Smithonian National Air and Space Museum)に永久展示されています。
アトランティス号は現在ケネディー宇宙センターに建設中の博物館に展示されることになっているそうです。
で、チャレンジャー号とコロンビア号は機体が爆発してしまって残っていないのですよね。

チャレンジャー号の事故は今でも鮮明に覚えております。朝の身支度をしながら、トーストをかじりながらTVで打ち上げを見てました。飛び立ってすぐに大爆発。一瞬何が起こったか理解できず、すごく暗い気分で会社に行ったのを覚えています。
このチャレンジャー号のクルーの中にエリソン・鬼塚という日系人として初めての宇宙飛行士がいたので日本でも打ち上げ前から話題になっていました。

スペースシャトル計画が終わってしまって今度は何計画なんでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿