2011年6月22日水曜日

英語@aging

子供達の成長は親にとっては何よりもうれしいものです。でも子供が成長するということは親は年をとるってことですね。
年はとりたくないですね。でも毎年着実に一つずつ年をとります。
もう40歳を過ぎた辺りから、誕生日を祝う気もしなくなりますね(笑)
今度は一才ずつ引いて行くとか.....。


ダンナが前に言っていたことがよく理解できるようになりました。
年齢を聞かれたら、(例えば45歳だったら)
I am 35 years old and 10 years experiences.
と答えるんだそうです。訳すと『35歳と10年の人生経験』ってところでしょうか。なかなかいいアイデアです。その通りですよね。


私はずっとこの年まで眼鏡いらずで通してきたのですが、昨年の春頃から急に見えづらくなってきました。大学に通っていたし、勉強のし過ぎで目が疲れているんだろうと都合の良い解釈をしていました(笑)。でも一番前に座っていても黒板の字がぼやけて見えない。これはやばいと眼科に行って検査をしてもらったら、ドクターが一言、
You are aging.
『老化ですね』って一番言われたくないその一言。もうがっくりきました(笑)。
そうですか、老化のことをagingって言うんですね。


で、眼鏡を作りました。黒板の字が読めて、コンピュータの字が読めて、手元のテキストの字が読めるように。
検査をしてもらうと、乱視気味ということで、乱視と老眼の遠中近の3層になった、累進レンズだそうで、Progressive lensというのだそうです。


ずっとかけているということはありませんが、見えにくくてイライラすることはなくなりました。
これ以上、視力が落ちないように毎日、遠くに見えるタマルパイアス山を窓から眺めてはいるのですが、効果あるのかなぁ。


そうそう、6月22日の今日は、私の誕生日なんです。
それから17回目の結婚記念日
あ〜あ、また一つ年をとりました。何歳になったかは聞かないように....。


クリックしてね!
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿