2011年4月13日水曜日

ポイント レイズ ステーション

ポイント レイズ ステーション(Point Reyes Station)という町があります。あの Sir Francis Drake Boulevardという道の終点の町です。この辺り一帯はウエスト マリンと呼ばれています。
ノース パシフック コースト レイルロード(North Pacific Coast Railroad)の終着駅だったので、町の名前にステーションと残っています。


※鉄道:ノース パシフック コースト レイルロード(North Pacific Coast Railroad)
サウサリート(Sausalito)からタマラス(Tomalas)までの鉄道。
その後、線路も延びてソノマ(Sonoma)まで通った。1930年代までの60年間サウサリートからサンフランシスコまでフェリーで人や物資を運んだ。
マリンやソノマから沢山のレッドウッドが伐採されサンフランシスコまで運ばれた。



この町から西側一帯はポイント レイズ国定海浜公園(Point Reyes National Seashoreです。
マリン カウンティに来て、ここへ行かなかったらダメダメです(笑)。
ポイント レイズ国定海浜公園をいろいろ見て回る為には、まず、この町で腹ごしらえです。ホテルもあるし美味しいレストランやカフェもあります。


子供達がまだ小さかったころ、天気が良い日は車を飛ばしてピクニックに来たりもしました。いつも町の端っこにあるスーパーで食料買い込んで、出かけてました。小さい町のスーパーですが、グルメな観光客が多いので、品数が豊富です。






お気に入りのレルトランはここ。おいしいですよ。まずはオイスターを注文して.....

Station House Cafe(カリフォルニア クイジン)
Bovine Bakery(ベーカリー)
Marin Sun Farms(お肉屋さん&レストラン)
Point Reyes Farmstead Cheese Company(チーズ)
Cowgirl Creamy(チーズ)
Straus Family Creamery(ミルク、乳製品)


この町は食にこだわっているところです。マリーンオーガニックの本拠地です。


2005年にチャールズ皇太子ご夫妻がマリン カウンティをご訪問した際、ここで開かれているファーマーズマーケットを視察されています。



この町のすぐ近くにすごいものがあります。
1906年のサンフランシスコ大地震の時のサン アンドレアス断層(San Andreas Fault)。
1,300 kmにもおよぶ長さの断層の一部が、このあたりで見る事ができます。
白い点線がサン アンドレアス断層
こうやって見ると、私、めちゃくちゃこわいところに住んでいるってことですね......


関連記事
ポイント レイズ ステーション その2

0 件のコメント:

コメントを投稿