2011年10月13日木曜日

航空ショー クルーズ その3

航空ショーは12時30分〜4時まで。ブルーエンジェルスの登場は3時15分〜4時だそうです。
パフォーマンスに登場するのは以下の通り
  • Coast Guard HH-65 (コーストガード レスキュー隊 デモンストレーション)
  • Patriots Jet Team 
  • Navy EA-6B Prowlers
  • USMC MV-22 Osprey
  • RCAF Snowbirds Jet Team(カナダ空軍)
  • Navy F-18 Super Hornet
  • United Airlines 747(ユナイテッド航空)
  • USAF F-15 Strike Eagle
  • Sean D. Tucker & Team Oracle(オラクル社セスナ機)
  • US Navy Blue Angels
※写真をクリックすると大きくなるはず.....


Patriots Jet Teamはエアフォース出身のパイロット集団です。ブルーエンジェルスかと思うほどすごかったですよ。→ サイトはこちら
Patriots Jet Team
早すぎて撮影不可能(笑)
やっぱりだめ(笑)
USMC MV-22 Ospreyがアルカトラズ島の真ん前で.....。これはヘリコプターのように垂直離着陸・ホバリング・超低空飛行ができ、その上、固定翼機のように高速移動・航続距離が長いというのが売りです。通常の軍用ヘリの2倍の速度と空中給油で最大3700kmの航続距離。すごいですねぇ。もちろん空母の艦載機です。
下の写真。このシーンはまるでショーン・コネリーとニコラス・ケイジが出てる映画『ザ・ロック』を生で見ているようでしたね。
USMC MV-22 Osprey 
ホバリングしてるから撮影は楽勝


赤と白のツートンカラーのすごい集団がでてきました。RCAF Snowbirds Jet Teamといってカナダの空軍チームなんだそうです。→ サイトはこちら
アメリカチームはネイビーブルーでちょっとシャープな感じですが、カナダチームは赤白なので、すごい神業飛行なのに、なぜかかわいいです。
RCAF Snowbirds Jet Team
学習効果でてるでしょ。

今度はバッチリ撮影成功

早くても、ほら真ん中に写せるようになった(笑)

ユナイテッド航空のボーング747 昨年はゴールデンゲートブリッジぎりぎりの神業飛行で観客をそうとうビビらせたので、今年はブリッジのちょっと上目。 湾上ではすごい低速低空飛行で、その大きさに迫力満点でした。
United Airlines 747

空軍のUSAF F-15 Strike Eagle(F-15 ストライク イーグル)登場で、会場はすごい盛り上がりようでした。音がすごい。空気を引き裂くような爆音が鳥肌ものでした。くるくる回ってくれたり、垂直上昇や降下をしてくれたり、サービス満点。こういうのを今時の言葉でいうとカッケーになるんでしょうね(笑)
USAF F-15 Strike Eagle
ストライク イーグルの後、大ハプニング!!!ゴールデンゲートブリッジの方から濃い霧が流れ込み、あ〜〜〜っと言う間にサンフランシスコ側の空は真っ白。オークランド側は真っ青なのに.....。
そこへデルタフォーメンションを組んだ4機のブルーエンジェルスが爆音をたててやってきました。
ひゃ〜かっこいい〜。湾上で垂直上昇したら分厚い霧のため、行方不明
爆音だけが聞こえてきます。
しばらくして、海上のネイビーやコーストガードの船が移動し始め、いなくなってしまいました。
『ありぁ〜〜これはキャンセルだな.......。』とダンナが一言。やっぱりそうでした。霧がひどくて危険なため、
ブルーエンジェルスは途中で中止(T_T)

前日の土曜日に日本語補習校からの帰り道、ゴールデンゲートブリッジまでいつもは10分で行くのに40分もかかりました。みんな上空を見上げながら運転してるし.....。その間、私もブルーエンジェルスを拝めました。もうこれでよしとするか....残念だけど.....。

それにしてもネイビーやコーストガードの船が移動し始めただけで、ショーがキャンセルだって速攻でわかったダンナ....こいつただものではないなぁ......(笑)

となりにいたかっこいいクルーザーのみなさんも、とっても残念そうでした。


すると、またダンナが一言『あっ、Potomac だ!』
ポトマックっていったい何ですか???の私にダンナが説明してくれました。
このポトマック(Potomac)FDR's Presidential Yachtルーズベルト大統領のヨットといってフランクリン・ルーズベルト大統領専用の船として1936年〜1945年の間、使われていました
フローティング ホワイトハウスと呼ばれていたそうです。浮かぶホワイトハウスです。エアフォース1の船版ですかね。
FDRとはFranklin Delano Roosevelt(フランクリン・デラノ・ルーズベルトの頭文字です。アメリカではFDRと呼ばれております。


エルビス・プレスリーもオーナーだった頃があったそうです。現在はサンフランシスコ ベイ クルーズのチャーター船になっています。
それにしても、見ただけでわかる?
あんた、いったい何者?
Potomac
おそるべし、ダンナ。やたら船に詳しい。でも、爆撃戦闘機については私の方が詳しかったです。こんな事で競い合ってどうするんだ...(笑)

朝10時半に出発して、夕方5時半にサウサリートのマリーナに戻ってきました。けっこう長いクルーズでしたが楽しかったです。いろいろな人たちと知り合いになれました。

余談
航空ショーを見ながらランチを食べていたときのこと、クルーの中に甲斐甲斐しく働く高校生くらいの男の子発見。どこかで見たことがあるような.....。
聞いてみるとやっぱり、長男と同じ高校の1年先輩。しかもバンド仲間(笑)。
そういやぁ、2週間ほど前、長男の友達の家に行った時、居たわ。
この船のオーナー兼シェフが彼のお父さん。そういやぁ、学校で会ったよねぇってダンナと三人でびっくり。it's a small world,(世間って狭いねぇ)ってことですね。

チャーターしたヨットはこちら → Five Stars Yacht of Sausalito
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
人気ブログ ランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
ワールド ライブ ランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿