2011年4月8日金曜日

桜祭り

マリンじゃないけど、是非とも紹介したいシリーズ: サンフランシスコ、サンフランシスコ カウンティ(San Francisco, San Francisco County)


The 44th Annual
Northern California's Annual Cherry Blossom Festival 




4月9、10、16、17日の4日間、サンフランシスコの日本町で『第44回北カリフォルニア桜祭り』が開かれます。
日本町のポストストリートではいろいろなブースが出店され、あちこちでイベントも行われます。


メインイベントは最終日の17日(日)昼過ぎ頃からポストストリートで行われるパレードです。


実は私、2006年からこのパレードに参加してます(笑)
神輿です
神輿担いでます
と言っても、私が神輿を担いだのは1回だけですが、あとは神輿を担ぐ子供達の世話をしています。
日本町には3基の神輿があります。

神田明神の神輿(東京の神田明神から寄贈された本物です)
住吉大社の神輿(かなり古いです)
あともう一基はどこのか不明ですが小振りの神輿


例年、高校生以上の男性が神田明神の神輿を、女性が住吉大社の神輿を、子供達が一番小さい神輿を担いでいます。


神輿は日本町にずっと展示されていました。担がないともったいないと、5年前にパレードに参加するようになりました。


3年前には、わざわざ神田明神から神主さんがお祓いに来てくださいました。神田明神際の世話役の人も何人か来て下さり、いろいろご指導くださいました。
さすが本場、めちゃくちゃかっこ良かったです。


さて、このパレードすごいですよ。いろんな演し物を見る事ができます。とにかくすごい人出です。


周辺で目を引くのはコスプレ集団ですね。日本のアニメのコスプレの若者がこの日とばかりに闊歩しております。


いつだったか、あのかっこいい当時のサンフランシスコ市長がパレードに参加しました。私たちの神輿のすぐ後ろ。彼は車から降りて、神輿を珍しそうに眺めながら、警備の人たちがおろおろするのを尻目に歩いてパレードに参加しました。
私を含む女性陣全員、神輿の世話そっちのけで握手しに行きました(笑)


昨年の桜祭りは特別なものでした。
佐賀県からわざわざ佐賀鍋島藩大名行列が参加してくれました。


登場人物は第10代藩主 鍋島斉正公、正室 盛姫(第11代将軍徳川家斉娘)、大老 井伊直弼公、遣米副使 小栗忠順、咸臨丸船長 勝海舟 そしてお行列。


アメリカ人も日本人も沿道の人たちはみな感動していました。


昨年2010年は、咸臨丸寄港150周年記念の年で一年間サンフランシスコや日本町では様々な関連行事が行われました。この大名行列もその一つです。




ちょうど昨年の大河ドラマが『龍馬伝』だったものだから、すごいタイミングでしたね。


昨年5月には海王丸が 咸臨丸が通った航路をたどりサンフランシスコ港にやってきました。
私も見に行ってきました。150年前ここにこうやって勝海舟達が来たんだって感慨深かったです。
それに私は神戸出身ということもあり、海王丸はめちゃくちゃ懐かしかったなぁ
海王丸 サンフランシスコ港出港時の登しょう礼


そうそう、海王丸の出航の日の式典にはなんと自民党の河野太郎氏も出席していて、彼の超ネイティブ英語スピーチに驚きました。

0 件のコメント:

コメントを投稿