2013年12月2日月曜日

ターキーを食べたあとの骨でコンフォート フード

感謝祭で丸焼きにした七面鳥の残りの骨はスープにします。

かなりでっかいんで、半分はまたいつかスープを作るまで冷凍庫に保存しておきます。

感謝祭当日、七面鳥の肉を切り分け、大皿に盛りつけながら、

その横でスープストックをコトコトと....。

いろんなハーブを入れたり、玉ねぎの皮やセロリをいれてもオッケー。

この日、私はベイリーフを入れて3時間ほど煮ました。

そして翌日もコトコトと。

それからスープをこして、半分は容器に入れて冷凍庫へ、

残り半分を感謝祭の翌々日、つまり感謝祭ディナーの残り物ビュッフェに飽きるころ

夕食に頂きます(笑)。
フライパンに玉ねぎ、セロリ、人参、マッシュルーム、レッドポテト、ズッキーニ、リーク、フェンネルルートなど

なんでも野菜を刻んでオリーブオイルで炒めて、

スープの中に入れてコトコトと煮ます。

味付けは塩コショウのみ。

私が好きなのは、義母に教わったんですが、バーリィー(大麦)を入れたもの。

スープに入れると、食感がプチプチと蕎麦の実のようで美味しいのです。

入れ過ぎに注意です。

たくさん入れるとえっらい膨らんで、スープが無くなってしまいます。

バーリィーがない時はショートパスタをいれても美味しいです。
食べる時に、パルメザンチーズをパラパラとふりかけ、

バゲットを浸して食べると美味しいですよ。

感謝祭で食べ過ぎてもたれた胃に丁度よいコンフォート フードです。

0 件のコメント:

コメントを投稿