2011年12月30日金曜日

ソーラー パネル システム

なんと我が家の屋根にソーラー パネル システムを取り付ける事になりました。
人ごとみたいですが.....、実は4年ほど前からずっと検討していたんだそうです。ダンナが.....。
で、年末も押し迫った12月27日。朝から餅つきでバタバタしている私に、
ダンナ『昼過ぎにお客さんが来るから....。』
わたし『へっ?どなた?』
ダンナ『ソラー パネル システムの会社の人』
わたし『えっ?いったい何事?』
ダンナ『ソーラーパネルをつけることになったの』
わたし『いつ、誰がそんなことを決めたわけ??』
と、まぁいつもの展開です(笑)。うちは夫婦そろって独断で何でも決めてしまうところがあって、ほとんど事後報告 川 ̄ー ̄;A" 


で、私はキッチンでお餅を丸めながら、ダンナとその会社の人の話を聞く事にしました。そしたら、お隣のご主人もやって来ました。えっ、あんたんちもつけるわけ?
私だけ知らなかったんだぁ〜。ま、いつものことです。


で、なんと京セラのソーラー パネル システムなんだそうです。どうして年末にこんなことを急に決めたのか、ちゃんと理由がありました。
なんでもいろんなところからの補助が出るんだそうです。ところがその補助が受けられる期間が2011年12月31日の契約までなんだそうで、駆け込み契約だったわけです。


説明を聞いていて私が理解できた範囲で.....(笑)
今回私たちは20年リースの契約をしました。毎月のリース料は取り付けるパネルの規模によって違います。リース料の中にはメンテナンス料や保険料も含まれています。
そして、そのリース料は、国からの補助州からの補助PG&E(ガス&電気会社)からの補助によってなんと25%も安くなります。


契約金は$5,000なのですが、取り付けた後、調査員が写真を撮って、こちらがレビューをすることでなんと$1,000キャッシュバック(笑)。だから出費は$4,000というわけです。
ところが、マリン エナジー オーソリティーから$500の補助がでて、それから、お隣さんも契約することになったんでお友達紹介ボーナスが$200も頂けるのだそうです(笑)。最終的な出費は結局$3,300というわけです。



ところが、最初の1ヶ月はPG&Eの電気代が無料になるサービス付きで(笑)、その後の電気使用料も通常よりお得な低いレートが適用され、月々のリース料と電気代を併せて支払った場合、20年後には約$23,000の節約になり、最終的な$3,300の契約金と相殺すると、$20,000ほどの節約になるんだそうです。
で、こんなお得なキャンペーンの締め切りが2011年12月31日なんだそうです。


このシステムのユニークなところは、インターネットで発電量のモニターができるというところでしょうか。このソーラーパネルシステムはパネル一枚一枚にインジケーターがついていてそれぞれのパネルの発電量がわかるんだそうです。会社側はもちろん不備がないか常にモニターしているわけです。そしてユーザー側もどのパネルがどれだけ発電しているか、時間ごとに知る事ができます。余った電力はもちろんPG&Eが買い取る仕組みになっています。


この記事を偶然にも読んでしまったアメリカ在住のあなた!!申し込むならあと3日です!


もうどんなことが突然起こっても驚きません。あるときは、朝起きたら庭の工事が始まってたり、またあるときは、リビングの壁のペンキを塗っている人がいたり、1階の配線工事をしている人いたり、そしてまたあるときは、帰ってきたらプールの工事が始まっていたり。庭の木に登って木を切っている人がいたり....。
まぁ、私は家のことにはノータッチってことで......川 ̄ー ̄;A"


ソーラーパネル完成の記事はこちら

2 件のコメント:

  1. 良いですね、日本で補助があるのですがそちらほど色々な所からの補助が
    有りません、良いですね.それにお宅旦那様は家族のために色々なことを
    考え貴女に楽をさせてくれているのだろうと思いますよ、貴女はなんか
    文句でも有るのですか? 無いでしょう、、、

    返信削除
  2. あ〜〜文句なんてありません...川 ̄ー ̄;A"
    文句いったら罰があたります。

    返信削除