2014年11月29日土曜日

お疲れさんでした〜感謝祭ディナー

感謝祭当日、前日に下ごしらえをがんばったおかげでかなり余裕でお料理ができました。

ターキーとパンを焼いて、マッシュポテトとサラダを作るのみ。

前日に準備したスタッフィングとスイートポテトキャセロールはオーブンに入れて焼くだけ。
フレンチ キャロットとフレンチ グリービーンは下ごしらえしているので調理するだけ。
今年のマッシュポテトはローストガーリック入り。ガーリックの上をちょっと切り落として、オリーブオイルをかけて、アルミホイルで包んで400℉で40分焼いて、ギューっと絞り出した中身を茹で上がったポテトに入れて一緒にまぜます。



20パウンド(9kg)もある七面鳥、かなり重い。洗うのも一苦労、水分を拭いて、バターを塗って、塩&胡椒をふるのも一苦労。中に、レモン、玉ねぎ、にんにく、ハーブを入れて焼きます。
普通、焼きあがった七面鳥を解体するのはお父さんの役割なんですけどね、なぜか我が家では私が全部やります。
骨や皮は野菜クズとハーブ類を入れて3時間ほどグツグツ煮て、スープストックを作ります。七面鳥がデカかったんで半分使って残りの骨は冷凍庫へ。


骨にこびりついている肉はティピちゃんのディナーに。すごい勢いでよく食べてました。


ディナー完成。この段階で私はぐったり....。

11月の感謝祭、12月のクリスマスと1ヶ月の間に2度も家族や親類が集まるファミリーホリデーがあります。

実家が遠いと1ヶ月に2回も帰れない。どちらかというと、メインはクリスマスホリデーだし。

休みも短いし、感謝祭には帰らない人も多いようですね。

ということで、そういったお友達を感謝祭ディナーにお誘いする家庭は多いです。

今回、我が家にお招きした友人は実家がテキサス!とぉ〜い。
感謝祭ディナーって食べきれないほどの料理を作って、たらふく食べることに意義があるようなんで...すごくたくさん残ってしまいます。ま、2〜3日は残り物を食べるんで、料理から解放されますが。
日本の正月三が日のお節とお雑煮みたいな感じですね。


パンプキンパイにアップルパイにピーカンパイと、デザートまで作る気力はないので、パンプキンパイを買ってきました。

生クリームとアイスクリームを乗っけて....、かなりハイカロリーなデザート。
この後、エアロバイク30分こぎました(笑)

毎年、大量の料理作りでクタクタになるんです

でもって

作るの2日、食べるの30分

にムカつくんで(笑)


来年こそは違うのにしようと思うんだけど

なぜか毎年習慣通りに作ってしまうんですよね

なかなか破れない伝統と慣習の壁


さて、ハロウィン終わった、感謝祭も終わった、次はクリスマスの準備だな....


今回作ったサラダがとっても美味しかったので、レシピをご紹介します。
エンダイヴを使うのですが、日本ではチコリ、アメリカではエンダイブという名前です。いったいどっちなんだといつも不思議に思います。ちっちゃい白菜みたいで食感がいい感じですよね。

で、このサラダ、エンダイヴとりんごのシャリシャリとした食感、くるみの甘み、ブルーチーズの大人の味、ジューシーなオレンジといろいろな味と食感が楽しめます。
ドレッシングがとてもさっぱりしています。

【材料】

ベビーアルグラ
エンダイヴ
りんご(食感がシャキシャキしたものを選ぶ)
オレンジ(ナイフで皮をけずり、実の部分だけ切り取る)
ブルーチーズ(ほぐす)
くるみを砂糖でコーティングしたもの


【ドレッシング】
オリーブオイル1/4カップ
オレンジジューシュ(しぼりたて)1/4 カップ
オレンジゼスト 小さじ1
塩&胡椒 少々
白ワインビネガー 小さじ1


マウントタムです
かなり励みになってます
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

4 件のコメント:

  1. こんばんは

    デカっ!我が家のターキーとは迫力が違う。マウントタムさんのお宅の瀧江さんとは尻のデカさが違いすぎます。スゲー、デカイ〜。

    > 作るの2日、食べるの30分 にムカつくんで(笑)

    (笑)。お疲れ様です!

    質問なのですが、ターキーのスープストックってどういう料理に使うのですか?我が家でもターキー雑炊とかターキーうどんとか案は出たのですが、ターキー独特の香りが勝っちゃってダメなんじゃないかと。

    返信削除
    返信
    1. ワキさん、コメントありがとうございます。

      スープストックと作るときは、フェンネル 、リーク、パセリ、セロリなどの捨てる部分とベイリーフを紐でくくってブーケガルニを作って一緒に鍋にほうりこみます。そして玉ねぎや人参の皮とかも。野菜くずですね。

      で、ぐつぐつと3〜4時間煮て、こします。冷めてきたら上のほうに浮いている油をすくいとります。

      可能なら、冷めてから冷蔵庫にいれておくと翌日、上のほうに油が固まっているので取りやすいです。

      そのターキのスープストックでスープを作ります。
      玉ねぎ、セロリ、リーク、フェンネル、人参、レッドポテト、マッシュルーム、ズッキーニ、など野菜を細かく切って油て炒めて、スープの中に入れて、しばらく煮込みます。
      トマトをザクザクと切っていれて煮込んでも美味しいですよ。
      調味料は塩と胡椒と白ワイン

      いただくときは、茹でたショートパスタとか茹でた barley(大麦)を入れて、パルメザンチーズやイタリアンパセリのみじん切りをパラパラとかけて、バゲットと一緒に。

      というのが我が家のパターンです。

      お試しください。

      削除
  2. お疲れ様でした~!
    物凄い料理の数 それにどれも本格的で頭が下がります
    20パウンドのターキーって大きいですね♪ 何人分くらいになるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. JapanSFOさん、コメントありがとうございます。

      何人分なんでしょうねぇ。
      感謝祭当日と、翌日から3日間ほどかけて食べ尽くします(笑)
      スープにしたり、サンドイッチにしたり。

      Food Networkのローストターキーのレシピなんか見ると、16パウンド前後のを使っていて、10人分くらいだそうです。

      削除