2014年7月6日日曜日

独立記念日のパレードで...その1

7月4日の独立記念日コートマデラパレードを観に行ってきました。

年々、パレードやフェフティバルの規模が小さくなり、そして観客数も少なくなってきているような印象です。

今年のパレードは抗議活動をするグループが二つ参加していました。

一つ目は、パレードがあった町に建設中の低所得者用のアパートの建設反対のグループ。建設反対のバナーやプラカードを持って、反対!反対!と叫びながら独立記念日のお祭りのパレードに参加。なんか雰囲気壊しますね。


二つ目はギョッとしました。『日本のイルカを救う会』のパレード。
Save Japan Dolphinsのバナーを見て気絶しそうになりました。

せっかくお祭りを見に来てたのに一気に不愉快。

Save Japan Dolphinsのサイト→こちら
何年か前に、『The Cove』という映画が上映されました。和歌山県太地町の入り江で行われるイルカ漁の映画でした。あれ以来、非難され続けていますね。

日本ではこの和歌山県太地町以外に静岡県の一部でもイルカ漁をしています。

昔は日本でも一般に知られていたのかもしれませんが、現在の日本では日本でイルカ漁が行われていてイルカを食べる地域があるということすら知らない人が大半だと思います。

それがこの映画でイルカ漁のことを知った日本人も多いはず。

このパレードに出ている団体の名称からして『Japan』になっているわけで、もはや『和歌山県太地町』の問題ではないんですね....。




参加者はみなスポンジで作ったイルカをかぶってパレードを練り歩いていました。
中にはメンバーのお子さん達もいます。

その子供達がですね、なんと、沿道で見ている人達のそばに歩み寄り、かぶっているイルカを観客の身体にすり寄せたりしているのです。

まるで『イルカの可愛らしさ』をしきりにアピールしているようですね。


で、来たんですよね、私の所にも、すりすりしに。
6〜7才くらいの女の子が.....。

イルカの頭をなでながら、『美味しそうね....』とつぶやいてしまった(汗)
あ、いや、もちろん日本語で、ですけど。大人気ないのは重々承知。
こんなことをされるとですね、そんなことも言いたくもなるわ 川^_^;儿

イルカ漁は北欧一部の国でも行われていますよね、オーストラリアでは増え過ぎて農作物を荒らすカンガルー駆除もしてるし、アメリカやヨーロッパでは鹿狩りしてるし....。


ま、鹿やカンガルーはおいといてですね、デンマークのフェロー諸島のイルカ追い込み漁は非難されないのに、なんで和歌山県太地町のは非難されるのか。白人&キリスト教はオッケー、其れ以外はダメみたいな、もはやこれは『人種差別』だという人達もいますね。


まぁ、どっちにしても、こういったお祭りのパレードで抗議活動のグループに抗議運動をさせるってどうなの?って思いました。


【関連記事】
独立記念日のパレードで...その2
独立記念日の花火をどこで見ようか
Corte Madera 4th of July Parade & Festival


マウントタムです
かなり励みになってます(笑)
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

2 件のコメント:

  1. > こういったお祭りのパレードで抗議活動のグループに抗議運動をさせる

    分かります。なんか凄く分かります。しかも子供にねぇ…。

    > イルカの頭をなでながら、『美味しそうね....』とつぶやいてしまった(汗)

    マウントタムさん!これもすっごく分かります!!(笑)。イルカ食べないですけど、大人気なくもなりますよね〜。

    返信削除
    返信
    1. ワキさん、コメントありがとうございます。
      ここ数年、パレード参加者も観客も減少気味なんで、出てくれるなら何でもオッケーってことなのかなぁ〜なんて思います。

      もう来年は観に行きたく無いですね...。

      低所得者用アパートの建設反対の人達のパレードもひどかった....。もうほとんど出来上がってるのに。

      削除