2014年1月31日金曜日

EV補助制度は20万台まで その1

何度かこのブログにも書きましたが、うちのダンナは、エコおたくです。
その彼が昨年あたりから、EVに乗ってみたいと言うようになりました。
EVとはElectric Vehiclesの略で電気自動車のことですね。

政府がゼロ エミッションを推進しているせいか、近ごろ、走っているのをよく見かけるようになりました。

私が住んでいる地域でよく見るEVはFiat500e(フィアット)とTesla(テスラ)。
最近、増えて来たのがChevrolet Spark EV(スパーク)。
Fiat 500e
Tesla
Chevrolet Spark EV
Smartもたまに見かけます。BMWi3は先日初めて走っているのを見たし、ホンダFit EV日産リーフもちらほら見かけるようになりました。
Smart Electric Drive
BMW i3
Nissan Leaf EV
Honda Fit EV


でもダントツで良く見かけるのが見た目がかわいいFiat 500eと、高級感漂うTeslaですね。すごい対照的ですけど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電気自動車ってガソリン車より高いのでなかなか普及しないんですよね。でも国をあげてゼロ エミッションを推進しているわけですから、いろいろな補助があって、今ならガソリン車と変わらない値段で購入できるようになってます。

購入する場合、たとえば、Ford Focus Electricは定価が$35,000(350万円)〜。
Ford Focus Electric
1)Ford社:$10,000値引き(クリスマス時期だけ$12,000でした)
2)カリフォルニア州インセンティブ:$2,500のキャッシュバック
3)税額控除:1回のみ上限$7,500

と、すごい補助制度なわけです。クリスマスに買った人は、えらい安い値段でFocusを手に入れたことになりますよね。
値下げはFord社だけではありません。Fiat他いろんなメーカーが行っています。


もう一つお得なのはリース(3年)すね。この場合も補助制度があります。
1)カリフォルニア州インセンティブ:$2,500のキャッシュバック

Ford Spark EV
例えば、Chevrolet Spark EVを3年リースすると、頭金$999で月々$240(税金、
ライセンス、登録料含む)ほどになりますが、カリフォルニア州からもらう$2,500を頭金にすると、月々のリース料がぐ〜んと下がるというやり方もあります。
頭金の中に第一回目のリース料が含まれています。

これらの補助制度は各社20万台達成までです
早い者勝ちということですね

税額控除の詳しい情報は→こちら

ステイト インセンティブの対象は:CA, OL, IL, GA, UT, WA


そういやぁ、1年ほど前に我家にソーラーパネルを設置することになったのも、補助制度やインセンティブがあったからだったよなぁ。

でも、ダンナが言うには、EVがいいなぁと思ったのは、補助制度だけではなく、最近、ようやくチャージング ステーションが増えてきたからだそうです。
そりゃそうだ。電気自動車買ったわいいが、充電する所が外になかったら外出できませんよね。


その2につづく
あんまり長いから分けろ!!とのご要望で(笑)

マウントタムです
かなり励みになってます(笑)
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

0 件のコメント:

コメントを投稿