2012年2月29日水曜日

伊丹十三コレクション

ある日、ダンナ宛に小包が届きました。待ちに待った物が届いたらしく大喜びなダンナ。箱を開けると出て来たのは
伊丹十三 DVD コレクション ガンバルみんなBOX 英語字幕(限定販売)というやつ。

  • お葬式(1984年)
  • タンポポ(1985年)
  • マルサの女(1987年)
  • マルサの女2(1988年)
  • あげまん(1990年)
  • ミンボーの女(1992年)
  • 大病人(1993年)
  • 静かな生活(1995年)
  • スーパーの女(1996年)
  • マルタイの女(1997年)

と、なんと10枚ものDVDが入ってました。


ダンナは伊丹十三映画のファンです。特にタンポポがえらくお気に入りで....。


箱を開けて、早速TVルームにこもってタンポポを観てました。大声出して笑ってます。
ダンナ曰く『Juzo Itamiの映画はいいねぇ〜。日本の文化を上手く面白おかしく表現していて。』


彼の映画は痛快コメディーで、あとでいろいろと考えさせられる。
そういう意味では、私はウィットに富んだ三谷幸喜の映画も好きです。たぶんダンナは三谷幸喜の映画は知らないだろうなぁ。英語字幕版ってあるんだろうか。


ふふっ、しばらく楽しめそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿