2011年10月21日金曜日

本物の砂糖使用のペプシ

長男が友人たちとパーティをすることになり、彼は飲み物担当ということで、一緒にスーパーに買い出しに行きました。
こういったパーティでつきものの飲み物と言えば、コーク類ですね。ところが、今回は指定があるとのことで、長男が選んだのは本物の砂糖を使用したペプシでした。


パッケージに書かれているThrowbackには、復刻版とか復活とかいう意味があります。
本物の砂糖を使った復刻版ペプシってことなんでしょうか。


じゃぁ従来のペプシやコークなどの炭酸飲料水・清涼飲料水にはどんな甘味料が使われているのかというとコーンシロップですね。
アメリカでは肥満や糖尿病の原因として問題になっているので、あまり摂取しないように心がています。買い物をする時でもなるべくコーンシロップの入っていない物を選ぶようにしていますが、実際コーンシロップで何?ということで、ウィキペディアを読んでみました。


コーンシロップ(Corn syrup)とは、トウモロコシの澱粉(コーンスターチ)を酵素、酸で分解(異性化糖)し糖に変えた糖液、シロップ。
主に、食品・菓子の艶出し、とろみ、甘味料に用いられる。 原料が「トウモロコシ」で比較的安価の為、多くの食品・菓子の原材料に使用される。欧米でも、同様に多く使われる。

要は、高濃度の果糖でできたシロップってことですね。肥満や糖尿病の原因になります。

今時の高校生達、ちゃんと健康のことも考えておやつを選んでるんだなと思ったら、それだけではないようで、物の砂糖を使った方がおいしいというのもあるのです。
コーラがその良い例です。
こちらではメキシコのコークがとても人気があります。アメリカのコークよりおいしいのです。うちのダンナや息子達は普段あまりコークを飲まないように気をつけてはいますが、メキシコ産コークを見つけたら絶対飲んでます(笑)
先日グーグルに行ったときも、カフェにはメキシコ産コークを置いていました。


ではなぜアメリカのコークよりメキシコのコークの方がおいしいのか。アメリカのコークはコーンシロップを使っていますが、メキシコのコークは本物の(さとうきびなどの)砂糖を使っています。飲み比べてみたら味の違いがよくわかります。


でもね、いくらコーンシロップより身体にいいといっても、やっぱりかなりの量の砂糖が入っているわけで、飲み過ぎると身体に良くはありませんが.....。



クリックしてね!
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

人気ブログ ランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

ワールド ライブ ランキング

1 件のコメント:

  1. とても良い情報です、コーク類の糖分が作られている国々で違うと言う事、同じメーカーでも作られている国で味がちがうのは実体験をしておりましたが、格国の人達の好みの味に合わせているのだとばかり思っていました、そちらの高校生達とても良く勉強し又、実践しているところがすごいです、私もこれからは添加物を良く見て食品購入をしよう思います。有り難う。

    返信削除