2013年3月14日木曜日

イタリアン ストリート ペインティング マリン 2013

この4年ほど予算不足で開催が見送られていたイタリアン ストリート ペイント フェスティバルが今年から復活するという記事を昨年の11月に書きましたが、詳細が発表されていました。
イベントの名称もイタリアン ストリート ペインティング マリンに変わってます。

どんなイベントかいまいちよくわからない人はギャラリーを見ましょう→こちら
お知らせにはまだ早いですが....、

日程:6月29日(土)10am〜9pm、30日(日)10am〜6pm
場所:San Rafael 5th & A Streets
入場料:大人$5、12才以下は無料
チケット販売:5th & B Court, 4th & A にチケットブースがあります。

ずっと無料でしたが、ついに有料になりましたね.....。ま、予算不足でずっと中止だったわけで、仕方ありません。

幼児〜12才までの子供対象に60cm四方のスペースに絵を書かせてくれるコーナーもあります。参加費用は$10でチョーク付きだそうです。


アーティストとして参加した人は→こちら(4月1日締め切り)
ボランティアも募集しています→こちら
もちろん寄付金だって受付中→こちら

上の地図をクリックすると大きくなります。ペインティングの開催場所は4th Avenueと 5th Avenueの間のA Streetと、A地点のサンラファエル教会を中心とした、5th Avenueの左右1ブロック内。

本来イタリアン ストリート ペインティングでは、道に聖母を描くわけですが、ここマリンのイベントでは聖母以外にも様々な絵が描かれます。イタリアではこの道に聖母を描く人々はマドンナーロ(Madonnaro)と呼ばれ、れっきとした職業として認められていて、その起源は中世だそうです。

私が最初にこのストリートペインティングに出合ったのは12年前ですが、初めて見たときは感動しました。このイタリアン ストリート ペインティングは見る価値はあります、と言うより、見ておくべきかなと思います。

イタリアのフィレンツェで活躍している日本人マドンナーロの斉藤智輝さんのサイトがあるのでそこでいろいろ見ることができます→こちら
斉藤さん、今年は来てくれなのかなぁ〜。

5th Avenue沿いにはレストランブースも出店するし、仮設ステージではコンサートも開かれます。が、今年はスペシャル イベントがあるらしいです。
カリフォルニア ミッションの教会があるサンラファエル教会のステージでイタリアン オペラが上演されるらしいです。
何でも今年はジュゼッペ・ヴェルディ(Joseph Fortuninus Franciscus Verdi)の生誕200年を記念する年だそうで....。
で、ヴェルディってだれ?ということで例によりウィキペディアで調べてみると、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家で主にオペラを制作。有名な作品は、私でも知ってる、『椿姫』、『アイーダ』。

ペインティングとかオペラとかイタリア文化に触れに行ってみましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿