2012年6月17日日曜日

クラムチャウダー食べにSF その1

夏休みに入って、ほぼ1週間が経ち、宿題(もちろん日本語教室の...)疲れ気味の次男を連れてサンフランシスコのダウンタウンへ行きました。もうちょっと頑張ってもらおうと大好物のクラムチャウダーを食べに.....。

さて、MUNIに乗ってパウエル駅から地上に上がると、ウエストフィールド モールがあります。その向かいにはGAPの1号店。そして、ケーブルカーの発着点があります。朝の9時ごろでしたが、観光客で長蛇の列。
Muni: CBSより

そこからユニオン スクエアまでは2ブロックほど歩くのですが、途中ユニクロのサインを発見。この秋、ユニクロ サンフランシスコ店がオープンするって聞いているんで楽しみです。

ユニオン スクエアに到着。観光客や観光バスがうじゃうじゃ。この日は晴天で暖かでしたが、風がちょっと冷たかったので、慣れない観光客は半袖は着られませんね。この広場のど真ん中にはこんなのがあります。↓
ユニオンスクエアって調べてみると歴史があるんですよね。ゴールドラッシュの2年前になる1847年、サンフランシスコの初代市長のジョン・ゲーリー(John Geary)によって公共の広場として建設が始まります。完成は1850年。はぁ〜ん、だから広場前の大通りの名前はゲーリー ストリート(Geary St.)なんですね。

1880年代はサンフランシスコで、最もおしゃれな居住地区になったそうです。1903年に写真のモニュメントが建てられます。これは勝利の女神のアポロ神だそうです。そして1906年の大地震の後はショッピングエリアとなります。

2000年に広場は閉鎖され、$25ミリオンをかけての大リニューアル工事が始まります。リニューアルオープンをしたのは2002年6月25日。その後、男前の前市長、ギャビン・ニューサム(Gavin Newsom)によって広場内はフリー ワイファイ(Free WiFi)になりました。余談ですが、私、一度だけ目の前で見た事があります。もちろん握手してもらいましたよ。ほぉ〜〜っと、見とれてしまいました(笑)。ハリウッドスター顔負けのオーラをまき散らしておりました。
サンフランシスコ前市長:ギャヴィン・ニューサム

さて、ユニオン スクエアのぐるりには高級店がずらぁ〜りと並んでいます。
サクス フィフス アベニュー(デパート)、ティファニー、ウィリアムズ ソノマシュリーヴ&カンパニー、リーバイス本店、ナイキ、コーチ、グッチ、ディオール、ロロピアーナ、ブルガリ、かなり敷居の高いデパートのニーマン マーカス、ルイ ヴィトン、フェラガモ、庶民のデパートのメイシーズ、メレル、スワロフスキー、ウエスティン セント フランシス ホテル
ええ、私は秋にユニクロがオープンするのを待ちます!(笑)。




ユニオンスクエアの真横にど〜〜んと建っている、ウエスティン セント フランシス ホテルは結構な歴史のあるホテルなんですよ。サンフランシスコを西のパリにすべく、当時のお金で$2.5ミリオンをかけて1904年3月21日にオープンしました。そしてサンフランシスコの社交界の中心となります。1971年には32階建てのタワーも建設され、現在の姿になっています。
The Westin St. Francis Hotel
1904年当時
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿