2011年9月18日日曜日

ゴールデン ゲート パークでのできごと


土曜日だというのに、今日も朝早くから息子達二人を連れてサンフランシスコの日本語補習校へ行ってきました。
やっと寒い夏も終わって、ベストシーズン真っただ中のサンフランシスコでは、インディアンサマーで、よく晴れてぽかぽかと暖かい一日でした。


あまりにも天気がよく、絶好のお散歩日和だったので、子供達を学校にドロップ オフした後、友人とゴールデン ゲート パークまで散歩に行きました。


広い公園なので迷子になりつつ、いろんなものを発見しつつ、ぺちゃくちゃとおしゃべりをしながら散歩をして、池の畔のベンチでお弁当を広げ、さぁ食べようと箸を握ったとたん、後ろの方でホームレスらしきおじさん二人、殴り合いの喧嘩が始まりました。


ゆっくりお弁当を食べている雰囲気ではないというか、身の危険を感じたので、ベンチから立ち上がり、左手に弁当、右手に箸を握ったまま、小走りで逃げました ダッシュ(走り出す様)




ここでちょっとゴールデン ゲート パーク(Golden Gate Park)について....
敷地面積は412ヘクタールあるって言われても、東京ドーム何個分って言ってもらわないと日本人にはわかりませんよねぇ(笑)
ニューヨークのセントラル パークよりでかいんだ!
というのがサンフランシスカンの自慢です。


1870年の開園で、2004年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財(National Register Historic Places)に登録されました。


公園の中には様々な施設があります。
科学博物館、美術館、植物公園、児童公演、ピクニックエリア、日本庭園、バラ園、植物園、バイソン園、スポーツ施設も。
珍しいところで、フライング フィッシングの練習場なんてのがあるんですよ。

池もいくつかあるんですが、大人がラジコン ボートをブイブイいわせて遊んでいるラジコン オタクの集まるスプレッケルズ レイクSpreckeles Lake)もあります。
実はサンフランシスコ モデル ヨットクラブなんですけどね


なんでこんなところにこんなもんがあるんだと思うのはバッファロー パドック(Buffalo&Bison Paddock)でしょうねぇ。もともとここにはサンフランシスコ動物園ができるずっと前から小規模な動物園があったらしいです。現在は、絶滅危惧種のアメリカ バイソンを保護しているらしいです。一応サンフランシスコ動物園が管理しているとか。
バイソンってとってもおっきいのですが、つぶらな瞳がとてもかわいらしくて.....
ところで、バッファローとも呼ぶのですが、バイソンとバッファローとどう違うの?


とにかくこの公園は広いのと、森の中なので風景が同じということもあって、車であっちこっちドライブしていると確実に迷子になります。同じ場所へは二度と行けない....

ゴールデン ゲート パークのマップの購入をおすすめします。
簡単なマップはこちら

2 件のコメント:

  1. Yellow Stoneへの旅行中、バッファローバーガーが間違って我々のテーブルに来ました。注文を間違えたから食べちゃってとのこと。そう言えば、「バッファローは食べるのに、バイソンバーガーって聞かないよね。」という話になり、ウェーターに尋ねたところ、「バッファローというのはアメリカンバイソンのことなんだよ!」と言われ目が点になったのでした。

    返信削除
  2. Tommyさん
    コメントありがとうございます。保護されているのに食べていいのか?と思いますよね(笑)実は私も一度だけ食べた事があります。サウスダコタでハンティングしたらしい(聞いた話)バッファローのステーキでした.... 川 ̄ー ̄;A"
    言われてみれば、ちょっと硬いかなぁ?でも言われないと何も気づかず、ただのステーキ(笑)

    返信削除