2011年9月17日土曜日

フォート ポイント

サンフランシスコ カウンティにあるアメリカ合衆国国家歴史登録財(National Register of Historic Places)をご紹介。
サンフランシスコ側のゴールデン ゲート ブリッジの真下に、フォート ポイント(Fort Point)という国定史跡があるのをご存知ですか?
ゴールデン ゲート ブリッジの架かっているところは、太平洋からサンフランシスコ湾に入る入り口で、約1.5kmの海峡です。ゴールデン ゲート海峡(Golden Gate Strait)と呼ばれています。

フォート ポイントのあるプレシディオ一帯は1769年ころから、イギリスやロシアからの侵略を防ぐ為のスペイン軍の砦があったところです。
1821年メキシコがスペインから独立した際の一時期、メキシコ軍によって管理されていましたが、その後、米墨戦争でアメリカが勝利し、アメリカ軍がこの地を統括するようになります。

1848年から始まったゴールド ラッシュによるサンフランシスコ湾周辺の交易や、外国からの攻撃から守るため、1853年から1861年にかけて、アメリカ軍により、現在の建物が建てられます。
南北戦争の時には兵士の駐屯所となり、ずっと陸軍により管理されていましたが。1930年代にはゴールデン ゲート ブリッジ建設のため、取り壊されることになります。ところが、建築学的な価値がある建物だということで保存されることになります。橋の建設中は資材置き場や事務所としてつかわれていたらしいです。

そして第二次世界大戦時には再度軍事目的に使用され、防空砲兵旅団が配備されていたそうです。
戦後、1959年博物館として生まれ変わり、1970年にアメリカ合衆国国家歴史登録財(National Register of Historical Places)に指定されました。

博物館になっている建物内には砲台や100年以上も前に使われていた大砲、士官の居住部屋などが展示されています。当時の生活用品や写真なども見る事ができます。
ゴールデン ゲート ブリッジ建設当時の写真なども展示されています。


下の写真は石で作られた螺旋階段です。建築学的な価値が一番あるのが、この階段なんだそうです。とても精密に組まれた、きれいな螺旋形の石の階段は見事です。




開いているのは、木曜日〜月曜日の10時〜5時なのですが、前に行ったら、看板には金曜日から月曜日になっていました。入場料は無料ですが、入り口に寄付金箱が置かれています。
シーズンによって曜日が違うのかもしれませんね。中にギフトショップもあります。
冬にはキャンドル ライト ツアーなるものもあります。11月から始まるそうですよ。予約は9月からなので、すでに始まっています。問い合わせは:(415)556-1693


フォート ポイントからプレシディオの方面に歩いて行くと、広い芝生のきれいな公園があります。そこに桟橋があって、中国人のカニ釣りのメッカになってます。
建物の中はカフェとギフトショップになっています。
フィッシャーマンズ ワーフで食べられるダンジネス クラブ(Dungeness Crabは漁業権で保護されているので、仮に釣れても海に戻さないといけませんが、それ以外のカニは持って帰ってオッケーです。
さて、フォート ポイントではこのカニ釣りツアーもあります(笑)夏限定です。10月までやっているそうです。土曜日の10時〜12時。予約はキャンドル ライト ツアーと同じ。


カニを釣っている横でアシカが泳いでたりしてます......。まれに運が良ければ、イルカも泳いでます。


めずらしいです。サンフランシスコ湾にイルカ...
このサーファーは超ラッキー。見れた私もラッキー

下の写真を見て下さい。ゴールデン ゲート ブリッジにかかったサンフランシスコ名物の霧。
左が霧の発生し始めで、右が20〜30分後の写真。
さっきまであそこにゴールデン ゲート ブリッジが見えていたんですがね.....。
夏はしょっちゅうこんな感じです。霧がでると寒いのなんの。
サンフランシスコに夏に来るときは、厚手のフリースジャケットかダウンジャケットを持って来てもオッケーですよ。というか持ってないと泣きを見ます。フード付きがおすすめ。霧で髪が濡れるので。夏、サンフランシスコを半袖で歩けるのは地元の人だけです(笑)運がよければ、まれに暑い日もあるけど.....。

マウントタムです
かなり励みになってます(笑)
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

0 件のコメント:

コメントを投稿