2014年4月6日日曜日

退屈な土曜日

4月5日(土)から日本語補習校の新学期が始まりました。
でも我家はもう土曜日の朝早く起きてお弁当を作ってサンフランシスコまで行かなくていいんですよね。

3月15日に卒業式があり、長男は11年間毎週土曜日に通った日本語補習校を修了し無事卒業しました。11年前、小学1年生で入学した児童は80名ほどでした。そしてこの日、16名が卒業したわけです。
16名のうち男子6名、女子10名。片方の親がアメリカ人の生徒は5名で、両親ともに日本人の生徒は11名。
小学1年生から11年間苦楽をともにした学友達は一生の友です。
子供達だけではありません。保護者たちも11年間苦楽を共にしてきたわけです。

現地校や習い事との両立が本当に大変でした。毎週木曜日あたりになると、補習校の宿題はやったのか〜とか、漢字テストの勉強はしたのか〜とか、国語の音読はどうなってんだ〜とか、母親と子供の壮絶なバトルを長年続けてきたわけで、もうヘトヘトです。
卒業して一番嬉しいのは私かもしれません(笑)。

もう土曜日に朝早く起きてお弁当を作らなくてもいい、学校のボランティアもない、宿題
バトルを長男とせずに済む。毎月$300近くうく。
で、11年なんてすごい!と思ってはいけません。下のお子さんが卒業したという方など、補習校に通った歴15年とか16年とかざらで、最長はなんと21年という方もいらっしゃいます。私の11年は最短なわけです川^_^;儿

でも11年間ずっとこの生活だったから、これから毎週土曜日は何をしようか.....。
土日の連休をどうやって過ごそうか.....。
そうそう、卒業式の一週間前、教室に入るのも最後だしと、昼休みに長男のクラスへ行ってみました。ちょうど担任の先生も教室においでだったので、一年間お世話になったお礼がてらおしゃべりをしていたら、長男がこれ見てくれると壁に貼ってあるパネルを指差しています。

クラスのみんなが一人一人好きな言葉を書いたカードをはっているのだそうです。
『希望』とか『夢』とか『友情』とか『努力』とか.....いいねぇ青春!

で、長男が、僕が書いたのはこれだよと指差した先を見て爆笑。
『後でするから』
もう怒る気力も文句を言う気力もありません。
ま、うちの息子はユーモアのセンスがあるんだというふうに思うことにしよう.....。

とりあえずもう終わり、卒業できるだけでもありがたい 川^_^;儿

あ〜とりあえず終わった.....

マウントタムです
かなり励みになってます(笑)
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

2 件のコメント:

  1. あはははははは!もう、息子さん、最高!!(爆笑)
    ご卒業おめでとうございます。
    マウントタムさん、お疲れ様でした。

    返信削除
    返信
    1. Emiさん、
      でしょう.....。思わず座布団10枚あげるところでした(笑)

      削除