2013年5月1日水曜日

プロム

5月になりましたね。マリンは春を飛び越えて初夏って感じですよ。このところ暑い日が続いていて、もう泳げそうです。
さて、5月と言えばプロム(Prom)のシーズンです。日本に住んでいた頃、アメリカの映画や青春ドラマでしか見たことがなかったハイスクールのプロム。まだまだ先のことだと思っていたら.......。
そうそう、プロムってのはなんだ?という方のために。
プロムというのは略語で、正式にはプロムナード(Promenade)と言って舞踏会のことです。つまりフォーマルなダンスパーティーのこと
ウィキペディアより
アメリカの高校は4年。で、そのプロムは4年生(シニア)と3年生(ジュニア)対象に6月のシニアの卒業前の5月に行われます。でも....、ダンスパーティですから当然パートナーがいないと参加できないわけで、プロムの時期が近づくと彼女や彼氏がいる生徒はとってもワクワクなんですが、直前に別れたとか、もともといないとか、誘おうを思っていた相手を誰かに先を越されたとか、悲喜こもごものドラマがいろいろあるようです。
ま、コンペティティブな人生の第一歩を踏み出したってことです(笑)。

というわけで、プロムはシニアとジュニアの全員が参加できるというわけではないようです。もちろんパートナーがいても参加しない人もいるので、参加は自由。

ところが、めでたく相手も決まって、さあプロムに申し込もうと思っても、これがまた無料じゃぁないんですよね。うちの高校の場合は参加費用が一人$100!!!高校生のダンスパーティにですよ。その上、フォーマルですから、女性はドレス、男性はタキシードとかスーツ着用がルールです。

次に、男子はですね、パートナーの女子にリストコサージュ、自分のスーツの襟につけるブートニエールを用意しないといけません。上の写真を見ると、女の子達は手首にお花をつけてるでしょ、それがリストコサージュとやらです。

おしゃれにばっちり決めたい、こだわり派の場合は、男性のタキシードやスーツに女性のドレスの色にあわせたネクタイとかベストとかポケットチーフを組み合わせたりします。そしてドレスの色に合わせたリストコサージュとブートニエールです。予算に余裕のある場合は、リムジンなんかでパーティ会場に乗り付けたりする人達もいます。
高校3・4年生って16才とか17才ですよ。ま、アメリカ人にとってプロムは人生最初の一大イベントってことです。

で、ジュニアの我家の長男は、3週間ほど前にサフモア(2年生)の彼女と参加したいと言い出し、ただいまルンルン(笑)。経費節減のため、前日に彼女と一緒にリストコサージュとブートニエールを作るんだそうです。

ちなみにパーティは夜8時から夜中まで、リムジンを雇わない我家は送り迎えどうすんだよ......。ダンナに行ってもらお〜っと。



0 件のコメント:

コメントを投稿