2013年7月1日月曜日

行ってきました イタリアン ストリート ペインティング

イタリアン ストリート ペインティング マリン 2013に行ってきました。
2〜3日前から猛暑が続いて大変な暑さの中、アーティスト達はひたすら美しい絵を描いてました。4年ぶりの開催ですが、今回はこれまでとちがい参加アーティストの数を少なくして、少数精鋭って感じで、プロぞろいという雰囲気。それぞれの絵のサイズも大きいような感じなのでゆったりと見ることができました。
サイトは→こちら
ステージから聞こえるジャズの演奏が心地よく、イタリアンソーダをちびちびと飲みながらうろうろと見て回りました。
この教会はミッションです。日曜日の午後、ここで『椿姫』や『アイーダ』の作曲家として知られているジュゼッペ・ヴェルディ(Joseph Fortuninus Franciscus Verdi)の生誕200年を記念してイタリアン オペラが上演されました。
すごいたくさんの色のコンテですね。これで道に絵を描くわけです。よくもまぁ、これで道にこんなすごい作品が描けるものだと何回見ても感心します。
さてさて、会場内をぐる〜りと一周回って見ましたが、おお〜〜すご〜〜いと唸るような作品を描くアーティストが3人。
絵の下に貼られている名前と国名を見ると、3人ともイタリアから。
やっぱり本場のマドンナーロです。群を抜いてうまい。

ちなみにマドンナーロとは地面に聖母を描くプロの画家で本場イタリアではれっきとした職業画家です。
大阪出身でフィレンツェ在住の斎藤智輝さん。実は同じ関西出身で、そのうえ同い年。2000年のストリートペイント フェスティバルで初めてお目にかかって以来ファンです。2000年から4〜5年は続けてこのイベントに来られていたんですが、今回は超久しぶりにお目にかかれました。よく冷えたカルピスと煎餅とあんぱんを差し入れに.....、久々に見る美しい絵に見とれておりました。
TOMOさんのサイトは→こちら


二人目のイタリアからのアーティストはマドンナーリValentina Sforziniさん。女性です。宗教画ではありませんがこれもすっごい人目を引いてました。
Valentinaさんのサイトは→こちら
サイト左側のGategorieの中のStreet paintingをクリックして、太字の項目をクリックすると作品を見ることができます。

三人目のイタリアからのアーティストはBruno Fabriani さん。
Burunoさんのサイトは→こちら
観に来ているどのお客さんもこの3人の絵の前では感嘆の声をあげてました。
こういう絵の才能のある人って尊敬します。どちらかというと私の脳は全部左脳なんで(笑)、全く絵は描けません
すでに来年のイタリアン ストリート ペインティングが楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿