2014年12月3日水曜日

ポイントレイズへドライブ

昨年の10月に追突事故にあって、トランクの床は盛り上がり、右側のドアが前も後ろも開かなくなった私のGolf。

それでも頑丈な車だったおかげで、エンジンも外見も全く問題がなかったんで、買い戻してなんとかこの1年乗っていました(笑)


でも、やっぱり右側のドアの開閉が大変なのに疲れ果て....
感謝祭の連休中に車を買ってしまった....川^_^;儿

となるとやっぱりドライブしたくなりますよね。

マリン カウンティでドライブするなら、延々と広がる地平線、太平洋に向かうまっすぐの道、飛ばし放題のポイントレイズ(Point Reyes)しかありません(笑)。

雨上がりで、青空がのぞいてとてもきれい。
ポイントレイズ国定海浜公園内にある広い広い牧場には乳牛が放牧されているのですが、と〜ってもかわいらしい子牛がいっぱいでした。
エルクの群れもいましたよ。


下の写真はPoint Reyes North Beach

下の地図の左側のPoint Reyes BeachSouth BeachNorth Beachとあって、あわせて11マイル(約17km)の海岸線です。
その景色は絵に描いたようで本当に感動的です。

ポイント レイズ ビーチ
サーフィンも遊泳も禁止!!

Sneaker Waves

と呼ばれているとっても恐ろしい波に要注意です。

波打ち際を散歩していて、または岩場の上を歩いていて、じわじわと押し寄せてくる、予想外の強い波に海中に引きずり込まれ行方不明になった人、溺れて亡くなった人がいるビーチとして知られていて、景色は雄大で感動的なのですが、波打ち際には近寄らないようにした方が良いところです。

Sneaker Wavesの映像がYouTubeにアップされいたので
こういった波が、何波も続けてくるため、引き波にさらわれて海中に引きずられます。
海中に引きずられてしまうと、このあたりの海は海水温が年中平均15度です。
そして潮流が非常に早く、あっという間に流されます。
その上、ホオジロザメの生息地と3拍子揃っているので、非常に危険。
大きな流木に当たったりして怪我をする人もいるそうです。
Point Reyes Beachでは水際に行かず、ビーチの中央を歩きましょう。

1分8秒あたりから



下の写真はDrakes Beach
ポイント レイズ ビーチの反対側にあるドレイクス ビーチは湾になっているため、波は比較的穏やかで、水際で遊べます。
でも海水温は低いです。

このドレイクス ビーチは1579年6月17日、海賊のフランシス・ドレイクのゴールデンハインド号が世界一周航海の途中に船の修理のために停泊したビーチとして知られています。

【関連記事】
ポイントレイズ国定海浜公園
この絶景を見るべし@Point Reyes National Seashore





ビーチを散々歩き回ってお腹が空いたんで、ポイント レイズ ステーションという町に寄って、
Bovine Bakeryへ。ここも結構知られているベーカリーです。

ラズベリー&アーモンドタルト、メキシカンチョコレートブレッドプディング。
この大きさでひとつ$3は安いです。
ここのチャイティーは舌がピリピリするほどスパイスが効いてて私の好みです。

家に戻ったら夕食はもちろん感謝祭ディナーの残り物ビュッフェです(笑)
やっとこの日で全部食べ終わりました。

【関連記事】
ポイント レイズ ステーション
ポイント レイズ ステーション その2


マウントタムです
かなり励みになってます
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

0 件のコメント:

コメントを投稿