2014年8月28日木曜日

今年の夏休みは その3:アムトラック6時間の旅1@トラッキー

夏休みの旅行第2弾 これも毎年行っていレイクタホの手前の町トラッキー

でも今年は例年と違い、子供達と私の3人がまだ乗ったことの無いアムトラック(Amtrak)に乗ってみようということになりました。(ウィキペディア)(Web)

帰りは車なんで、ダンナだけ車移動(笑)

で、朝早くイーストベイのエメリーヴィル(Emeryville)駅まで送ってもらい、ダンナはそこから車で、私と息子達の3人はここからアムトラックで6時間かけてトラッキーへ向かいました。

アムトラックはアメリカ中にいろいろな路線があるのですが、私たちが乗った路線は超人気らしいです。

エメリーヴィル(Emeryville)発ーシカゴ(Chicago)行き
走行距離 3,924km (2,438マイル)、53時間の2泊3日
しかも車窓からはシエラネバダ山脈やロッキー山脈など
アメリカ大陸の大自然という絶景が堪能できる
アメリカ大陸横断鉄道

カリフォルニア ゼファー号(California Zehpyr)

(Web)

と、いうことだそうです。
とにかく、アムトラックと言えばアメリカ大陸横断鉄道カリフォルニア・ゼファー号というほと人気路線なんだそうです。なのでこの日も満席とのことでした。

私たちは、その53時間のうちの6時間、カリフォルニア州内のみの移動ってことですね。

朝9時10分発のカリフォルニア ゼファー号。始発のはずなのに、ホームにいない。
出発時間の10分くらい前になってやっと入ってきました。
それにしてもでかい、2階建てで、すごくでかい列車です。
寝台車、コーチ(座席車)、コーチカフェ車、食堂車、展望ラウンジ車とあります。
コーチ車は自由席で早い者勝ちです。シカゴ行きの場合は左側がビューシート絶景座席です。
コーチの座席は自由席なのに、日本のグリー車の座席よりも広くて、フットレストもあります。とにかく座席の前が広々としていて、私なんぞ、フットレストに足がとどきません。浅〜く座ってかろうじてとどく程度(爆)

で、すごいのは、座席にコンセントまでついてます。これでフリーWiFiだったら言うことなしなんだけどな。


トラッキーまでの6時間のうち、最初の1時間はサンフランシスコ湾、サンパブロ湾の景色がすばらしい。

そして、後半2時間のシエラネバダ山脈の景色がこれまたすごいらしいということで、寝ないようにしなきゃ.....。


エメリーヴィルからトラッキーまで大人3人で132ドル。オンラインでチケットは購入できますが、なにせ人気なので、予定が決まったら速攻で購入をおすすめします。

ちなみにシカゴまで2泊3日で行くとしたら片道料金は飛行機より高いらしいです。でも寝台車の乗客にはダイニングカーでの食事は料金に含まれているらしいです。


つづく.....

【関連記事】
今年の夏休みは その1:ロシアンリバー@ソノマ
今年の夏休みは その2:レッドウッドの森でBBQ@ソノマ
今年の夏休みは その4:アムトラック6時間の旅2@トラッキー

スコーバレーとバケーション ハウス
ドナー レイク
ドナー レイク:ドナー隊の悲劇
夏休み恒例のドナーレイク@今年はラフティング
グレート サミット トンネル@ドナー レイク その1
ドナー パス ハイキング@ドナーレイク その2


マウントタムです
かなり励みになってます(笑)
クリックありがとう!
にほんブログ村
<span style=

こっちもよろしく!

2 件のコメント:

  1. 私達はヨセミテ片道5時間(アムトラック3・バス2)でした。 往復10時間で日帰りはやはりちょっと悲しかった。 同じ経路のパックで単に「次の日のパックで帰る」一泊プランがあったので、それだとゆっくりできてよかったかな? アムトラックでは向かい合わせで間に大きなテーブルのある所に通路をはさんで座れ、若者たちはトランプなどを楽しみました。 東西だったので往復とも横からの日差しもきつくなくてよかったです。

    返信削除
    返信
    1. むつみさん
      なんと往復10時間の距離を日帰りですか。それは疲れたでしょう。
      現地でもゆっくりできなかったのでは?
      まぁ、アムトラックの旅は、それに乗って景色を楽しむというのも目的の一つですよね。
      今度、機会があったら、トラッキーの旅に行ってみて下さい。

      削除