2013年7月14日日曜日

日本帰国中 東京観光その5

東京滞在5日目。JR原宿駅に到着。不思議な光景が....。原宿にはゴロゴロとスーツケースを引きながら歩いている女の子がたくさんいるんですが、あれはなに?
秋葉原は男の子のオタクが集まる町で、竹下通りは女の子のオタクが集まる町に見えると長男が言ってました。確かにそんな感じ。私、東京に8年ほど住んでいました。しかも仕事は青山一丁目。にもかかわらず、竹下通りに行ったのは初めてです。 
こんだけクレープがあったら選ぶの苦労するでしょうね。
日本では今、なめこキャラが流行っているらしい。
原宿から退散して表参道をぶらぶら。お店がずいぶんと代わっていて、古い青山アパートが新しいビルになって、通りがえらい変化していました。1棟だけアパートが残っていて、とっても懐かしかったです。

さて、渋谷で息子たちに忠犬ハチ公を見せようと思ったら、参議院選挙のたすきが。気持ちはわかるけど、ちょっとがっかりかなぁ。
アメリカに住んでて、日本の紹介の映像となると、渋谷のスクランブル交差点が映ることがけっこう多いのですが、実物を見てあまりの人の多さに息子たちも驚いておりました。ためしに二人を109に連れて行ってみると、すごい数の可愛らしく着飾った女の子たちを目の前に足がすくんでおりました。
お、お母さん、あの顔の黒い女の子たちはなに?
と完全にフリーズしてました(笑)
原宿、竹下通り、表参道、渋谷でちょっとカルチャーショックを受けた二人ですが、気を取り直して、思いっきり庶民のアメ横に連れて行ってみました。ここはけっこう気に入ったようです。
3時頃に宿泊先へ戻ったとたん、雷とともに激しい夕立。あ〜あ七夕なのに残念だなぁと思ったのですが、1時間ほどで止んだので、宿泊先から徒歩で行けるかっぱ橋付近の商店街へ七夕まつりに出かけてみました。飾り付けがとてもきれいでした。
その後、言問通りの入谷駅周辺の朝顔まつりへ。言問通りの一部が通行止めになって道いっぱいに露店が並んでいました。
ちなみに朝顔一鉢のお値段は2000円。ちょっと高くない?と思ったけど、これがけっこう良く売れてました。朝顔なんて小学校の夏休みの宿題で、成長記録をつけたとき以来です。
ぶらぶらと歩いていると入谷朝顔市きびだんご発見。入谷の名物?
きびだんごって岡山のものとばかり思ってましたが.....。聞くところによると、桃太郎伝説は日本のあちこちにあるらしいです。
岡山のきびだんごとちょっと違うので、試しに食べてみましたが、素朴な味で美味しかったです。
さて、露店をうろうろとしていると佐世保バーガー発見。その昔、ちょっとブームになったような記憶が。とにかくボリュームのあるハンバーガーです。さっそく長男が食べてました。
金魚すくい発見。1回300円ですが、金魚のお持ち帰りはしないと言うと、200円になります。このごろのは紙がとっても薄くってすぐに破れますね。結局1000円くらい使う羽目になるんですよね。
この入谷の朝顔市が終わったら、ほおずき市が始まるのだそうです。
東京滞在最終日に良い思い出ができたかなぁと思います。それにしても入谷は良いところでした。東京の下町はとっても楽しかったです。

【関連記事】


0 件のコメント:

コメントを投稿