2013年4月10日水曜日

春爛漫の庭

もうそろそろ終わってもいいはずの雨期なんですが、4月に入ってもだらだらと雨が降り続いております。でも日差しは春ですね。雨がやんで日が差してくると庭はやっぱり春です。雨の合間に種を蒔いたら、あっというまにたくさんの芽がでてきました。いつもながら百発百中の小松菜....(笑)。発芽した小松菜を眺めていたら、その近くにミョウガの芽を発見、2年前に植えた1本の苗が今年は10本になっていました。

花海棠(ハナカイドウ/クラブアップル)は毎年3月半ばあたりに花が満開となり、桜そっくりなんで、この時期は庭でバーベキューなんぞをしながら花見を楽しんでます。同じ時期に裏庭のプラムも花が満開。今年はプラムにたくさんの花が咲いていたので7月のプラムの収穫が楽しみです。

花海棠やプラムの花が終わる頃、花海棠の下ではツツジが満開になり、その上では藤棚のの蕾が一斉に咲き始め、4月に入ったとたんに満開となります。花海棠や藤が満開の時期はブンブンとミツバチの羽音がすごいです。

藤の花が満開になると、それにあわせて裏庭のりんごの花が満開になります。我家のりんごはあまり甘くないので、生ではあんまり食べませんが、息子達が小さかった頃はこれでアップルソースを作って離乳食にしたり、アップルパイにしたり、ジャムにしたりと....。今は面倒で放置.....。

りんごの木の近くにびわの木があるのですが、今年は去年よりさらに背が高くなっていて、二階のバルコニーの柵を越えました。これでてっぺんのお日様がよくあたって甘くなっているびわが簡単に収穫できます。今年2月ごろに花がたくさん咲きました。今はまだ緑色ですがたくさんの実がついています。6月下旬ごろが食べごろなので、これも楽しみ。

ここ2年ほど、ライムが欲しいなぁ〜と呪文を唱え続けていたら、ある日、ダンナが蕾がたくさんついたメキシカンライムの木を買って来てくれました。これで大好きなライムネードが作れます。

さて、ライムを庭のどの辺に植えようかと見回すと、レモンの花がたくさん咲いているのに気づきました。昨年はレモンがあまり収穫できなかったのですが、今年は多そうです。楽しみ。レモンの横にはみかんすだちの木があります。こっちは新芽がたくさんでていますがまだ花が咲いていません。
我家の庭は今が一番楽しい時期でなのですが、実のところ、私は野菜の種蒔きと収穫専門。庭の手入れをしているのは、もっぱらダンナ。雨期が終わってこれから乾期に突入するわけですが、私が水やりを担当すると、枯れてしまうのです。なぜって?そりゃ、水をやるのを忘れるからです(笑)。東京に住んでいた時のようにバルコニーのプランター数個レベルならせっせと手入れをするのですが、広いと最初からあきらめムード。

0 件のコメント:

コメントを投稿