2012年3月3日土曜日

ベビーシャワー

3月3日と言えば、日本では雛祭りですね。なんともいいタイミングの記事です。


あと2週間ほどで出産予定のお友達のベビーシャワーに行ってきました。アメリカでは出産予定日が近づくと女友達が集まってお祝いします。美味しいごちそうを持ち寄り、産まれてくる赤ちゃんのためにたくさんのプレゼントも。


ベビーシャワーのメインの飾りはなんといってもダイパー ケーキですね。紙おつむをくるくる巻いて、写真のように3段重ねにしてケーキみたいにデコレーションします。写真には映っていませんが、部屋のあちこちには風船もぷかぷかと浮かんでます。


女の子が生まれる予定なので、飾り付けはピンク。うちは野郎ばっかりなので、こういった女の子のふわふわとしたやわらかな雰囲気は憧れます。
マリン カウンティの日本人ママたちは、料理の達人揃いです。こういった集まりがあるとポットラックになるわけですが、すごいハイレベルのおいしい料理が勢揃いで、何から食べようかと目移りします。で、一通り全部食べて、2回目絶対行きますね。おなかいっぱいを通り越して夕飯抜きというのがいつものパターンですね。
余ったら、みんなで分けて持って帰るのですが、どれもこれもおいしいものばかりなので、あっという間に容器に詰めてなくなります(笑)
家にもって帰ると、お腹がいつも空いている息子達が信じられないほどの勢いで食べます。私が作った料理では見せない食欲ですよ(笑)。
上の写真、私は手前のあんぱん、その向こうにある大福餅、その隣りにあるシナモンロールを作って持って行きました。あんこも作りましたよ。それにしても、シナモンロールはいいとして、おしゃれなお料理の中に、大福とあんぱんはちょっと場違いな感じですねぇ(笑)

友人たちとこうやってお料理を持ち寄ると自分の料理の粗が見えるというか.....。実は、私が作る物はなんでも標準サイズよりでかいらしい。そのことに最初に気づいたのはおにぎりでした。他の人が作ったおにぎりの3倍くらいの大きさ。ものすごい恥ずかしさで赤面でした(笑)。人と比べるまで全く気づきませんでした。ずっとそのサイズが普通で生きてきたもので....川^_^;儿

それ以来、なるべく気をつけてサイズを小さめに小さめに心がけて作ってはいるのですが、それでもまだ他の人のよりでかい(笑)。手のサイズは皆と同じなんですけどね。別に手先が不器用だとは思わないんですけどねぇ。もうこれより小さいのは無理と極力がんばって作って行ったのが、今回のあんぱんと大福とシナモンロール。シナモンロールはパスしたのですが、あんぱんと大福はやっぱりみんなからびっくりされました。おっきぃ〜〜〜〜〜って(笑)。

みなさんがおっしゃるにはこの半分のサイズらしいです。ええ〜〜〜〜〜っ!私の方が驚きです。そんなちっさな大福とあんぱんなんて自分のこれまでの人生で見た事ありません(笑)。
私の家系は大食いの部類に入ると思います。いや絶対大食いの部類ですね。
このサイズの半分ぐらいの大きさにしたら、どうやってあんこを詰めたらいいのか....(笑)。

で、翌日、小さいというか普通サイズの(笑)あんぱん作りに挑戦してみました。ベビーシャーワに持って行ったあんぱんの半分のサイズ。いや〜あんこを詰める時、こんな少しでいいの?と半信半疑で作りました。24ヶも作れましたよ。いつもの倍の数です(笑)。でもね、オーブンから取り出したあんぱんを見て、うそっ!みんなと同じサイズじゃん。ってことはやっぱり私のはでかかったんだ......。


話は元に戻りますが、お友達の一人が庭で穫れたオレンジとレモンをたくさん持ってきてくれました。みんなでわけてあっという間に無くなりました(笑)
我が家の息子達は15歳と12歳ですから、しばらく周囲に赤ちゃんなんていませんでした。久々に赤ちゃん誕生でわくわくしますね。それも女の子。
....ってよく考えると、私にしてみたら、孫みたいな感じです川^_^;儿
早くに結婚した同級生の中には、すでにおばあちゃんになっている人がいますからね。

0 件のコメント:

コメントを投稿