2011年11月19日土曜日

ベース購入 その後

長男君の15歳の誕生日の日、朝からダンナも私もそわそわ(笑)
リビングルームに並べられたベースやら何やらを学校から帰ってきた長男が見て、超びっくりして大喜びするというのが私たちの計画です。
※前の記事はこちら→ベース購入
ところが、その朝、
ダンナ『今日はまっすぐ帰ってくるの?』
長男君『友達の家でバンドの練習があるから学校から直接行くよ。』
ダンナ『...............。』 かなり動揺している模様(笑)
ダンナ『けっこう遠いんでしょ。送って行ってあげるから帰って来たら?』
長男君『みんなとしゃべりながら歩いて行くから大丈夫だよ。』
ダンナ『...............。』 ますます動揺している模様(笑)
ダンナ『夕方迎えに行かないといけないし、場所を知っておきたいから、一緒に行こう。一旦家に戻っておいでよ。』 ダンナ、食い下がります(爆)
長男君『わかったよ。じゃぁ戻って来るよ。』
ダンナ『!!!!!!』 得意げな顔で私を見ます。超うれしそう(爆)
一部始終をそばで見ていた私は、笑いがこみ上げてきます。


で、3時にダンナが戻ってきました(笑)。置いてあるベースの前を動物園のシロクマのようにうろうろ、うろうろ。ったく.....。


そして3時40分長男君帰宅。
ただいまぁ〜と言いながらキッチンを通り過ぎ、リビングルームへ入ったとたん、ベースに気づきました。
見た瞬間。両手で顔を覆い、....。大成功!!!!
しばらく眺めて、アンプにつなぎ、試し弾き。
長男君『お母さん、このコード長くない?』
『6mにしといたから。これで演奏しながらうろうろできるでしょ。』なに考えてんだか(笑)
長男君『僕はアンプの横でじっとしているのがいいんだけどなぁ。』
『お母さんがあげたリッチーのストラップつけてうろうろしてみてよぉ〜。』もうミーハー(爆)
長男君『^^;..................。』


実は今から30年ほど前の話ですが(古すぎ...)、コンサート会場でプログラム販売のバイトをしていた関係で、レインボーのコンサート終了後にリッチー・ブラックモアから彼がコンサートで使用していたフェンダーのストラップをもらいました。それを30年間、後生大事にしまい込んでいた訳です。お母さんの青春の宝物をあげるわと長男に進呈(爆)
※リッチー・ブラックモアってディープ パープル黄金期のスーパーギタリストです。
ベースを背負って練習に行きました
そして、ダンナが彼を友人宅へ送って行きました。6時過ぎに家に戻って、長男リクエストのしゃぶしゃぶディナー。
毎年ケーキを焼くのですが、今年はケーキは食べたくないそうで、アイスクリームとトッピングソースのリクエストで↓こんな風になりました。

チョコレートとバニラのアイスクリーム、イチゴソース、バタースコッチソース、チョコレートフェッジソース、生クリーム
これを見て、一番喜んでいたのは超甘党のダンナです。
とっても身体に悪そうですが、これがかなりいけます。みんなボールに山盛り盛ってペロリと平らげていました。アメリカの男どもってなんでこうも甘党が多いんでしょうね。

クリックしてね!
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
人気ブログ ランキング
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
ワールド ライブ ランキング

2 件のコメント:

  1. 感動! ご子息の一生忘れることのないお誕生になりましたね。彼とベースは絵になってます。きっと学校ではモテモテ君ですね。
    リッチーのストラップ、お宝です。拝ませていただきたいものです(笑)

    返信削除
  2. MEEKさん コメントありがとうございます。
    5年分のクリスマスと誕生日プレゼントです(笑)
    実はクラプトンのピックも持ってる.....(爆)
    今ではなんとも思わないのですが、あの頃はお宝でしたね。

    こういうのって、まずは格好から...ですよね(笑)
    で長男のバンドのギタリストがまるでベックの様なのです。めちゃくちゃうまい。せっかくいいベース買ったんだから練習がんばって上手くなってもらいたいですね。

    返信削除