2011年5月22日日曜日

一番苦労したこと

いろんなシリアルがあります
最近ブームなのがグラノーラ(Granola)
アメリカに引っ越して来たばっかりの頃、一番困ったのはお料理でした。
食材を買いに近所のスーパーへ行きますね。で、まず、シーフードセクションへ行くと、どこからどう見ても新鮮そうでない、ソテー用に切って、皮まで取り除いた切り身ばかり。
唯一、美味しそうなのがサーモンとカニ。


気を取り直して、お肉のセクションへ行くと、ミンチとステーキ用の肉ばっか。焼き肉用とか薄切りなんてありません。塊を買って自分でがんばって薄く切るしかありません。日本人家庭ではお肉を薄切りにするのにスライサーを持っている人も結構います。
鶏肉はと言うと、こっちの人は体にいいからと皮なし胸肉志向。
私、胸肉嫌いなんです(笑)。もも肉も皮&骨なしか、皮&骨付きだけ。皮付き骨なしは無い。あとはローストチキン用に丸ごと一羽。それと七面鳥の肉とソーセージ。
仕方がないから、皮&骨付きを買って、自分で骨を取ることに。骨でスープがとれるからいっかと前向きでしょ(笑)


そしてフルーツのセクション。形がいびつで小さく、見かけは悪いけど味はさほど悪くはないです。日本と違って安いのがいいですねぇ。日本は手をかけ過ぎで高いから。


野菜セクションには困りました。見たこと無い野菜...。いったいどう料理するんだ?
で、肝心の欲しい野菜が無い.....。
野菜売り場で食べたことの無い野菜をかごに入れようとしている人を捕まえては、その野菜でどんな料理をするのかを聞きまくっていました(笑)。
どの人も親切に教えてくれます。これ、街頭インタビューみたいでけっこう面白いの。


野菜とか果物は日本のように、盛りとかパックとか袋入りで売られていないのがいいですね。全部量り売りなので、1ヶから好きな量だけ買うことができます。
パックになっているのはイチゴとかのベリー類ぐらいですね。


バナナ売り場でびっくりしたのが、バナナの総から欲しい本数だけちぎって買う人。さすがにこれはできないなぁ。だから、時々バラのバナナを袋に入れた安売りがあります(笑)


豆腐も驚きですよ。Silken(シルケン:たぶん絹こし)、Firm(ファーム:たぶん木綿)、Extra Firm(エクストラ ファーム:炒め物に使う特別に固いもの)とあります。
みそ汁の具に、これが木綿豆腐だろうと思ってFirmを買ったら、固くて手の平の上で切れない。
まな板の上でみじん切りにできそうなくらい固いです(笑)。


乳製品のセクションで驚くのが、ヨーグルトの種類の多さですね。フレーバーだけではありません、レギュラーミルク、低脂肪、無脂肪など、両方あわせると、とにかくすごい種類です。
ミルクもすごい。プラスティック容器に入った1ガロン(3.7ℓ)入りのミルク。最初見た時、洗剤かと思いました(笑)
上の細長い容器が1リットル入りのミルクで、
下のプラスティック容器のが1ガロン入り
ヨーグルト

すごい種類のヨーグルトでしょ
 だから土曜日にサンフランシスコの日系スーパー、韓国系スーパー、中華系スーパーなどに行くと買いだめですね。
海外に住むと食べ物に苦労するんで、みな家庭菜園を始めたり、いろいろ手作りをするようになります。好きというより、必要に迫られてですね.....。
うどんまで打つようになりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿